貸切バスで行く沖縄旅行のポイント

貸切バスで行く沖縄旅行のポイント

貸切バスで行く沖縄旅行のポイント 日本の中でも、特別な文化を持っている場所として、沖縄県を挙げることができます。沖縄県はもともと琉球王国という別の国であったものを日本が編入したという歴史から、日本の本土とは違った文化が現在でも多く残っています。特徴的なものとして言葉があり、沖縄の方言は知らない人からすると外国語のようにも聞こえることでしょう。そんな沖縄で旅行をするのであれば、利用するのに適した移動手段として貸切バスがあります。では、なぜ貸切バスが便利なのかについて紹介します。

まず大前提として、沖縄の旅行は移動手段に困る場合が多い、ということが挙げられます。というのも、沖縄はゆいレールというモノレールを除いて、鉄道が走っていません。そのため、場所によっては車以外でのアクセスが極めてしにくい場合があります。通常のバスなどを利用できる場所もありますが、その場合待ち時間などが長くなってしまって、見たい場所を十分に見て回れないという可能性があります。そのため、貸切バスがあると移動の時間を削減し、より多くの場所をみることができるようになります。

また、貸切バスでの旅行の場合、バスの車内にはグループ旅行のメンバー以外がいないことになります。ツアー旅行などの場合には知らない人も同じ車内にいることになるため、ある程度配慮をしながら旅行をする必要がありますが、貸切バスの場合には皆メンバーであるためそういった配慮をそれほどしなくてよくなります。また、車内における食事などもできるようになっているため、沖縄の特徴的なもの、例えばサーターアンダギーのようなものを食べながら回ることも可能です。飲酒についても特に制限がないため飲みながら回ることも可能ですが、沖縄の地酒である泡盛は度数が高く泥酔してしまう可能性があるため、弱い人は避けた方が良いでしょう。貸切バスであれ、過度の迷惑をかける事がないように注意する必要があります。

それでは、実際に沖縄を貸切バスで回る場合、どのような場所が行き先の候補となるでしょうか。ここでは沖縄、特に沖縄本島において貸切バスで回りたい場所をいくつかピックアップして紹介します。沖縄の独特な文化を楽しむことができる場所、歴史を学ぶことができる場所、そしてレジャーとして楽しめる場所があります。

貸切バスの沖縄旅行で行きたい場所として、最初に紹介するのは首里城です。首里城は沖縄のシンボルとなっているものでもあり、もっとも有名な観光スポットということができるでしょう。前述の琉球王国時代の名残が多く残っている場所であり、この場所がもともとは日本とは別の国であったということを感じ取れる場所となっています。首里城以外にも本島には多くの城址が存在しているため、これらの場所をそれぞれ停車場所として指定して、琉球城巡りツアーを考えることも可能です。こういった城の跡地のことは「グスク」と呼ばれます。

貸切バスの沖縄旅行で行きたい場所として、次に紹介するのは平和祈念資料館です。こちらは、第二次大戦における沖縄の歴史を学ぶことができる場所となっています。通常の旅行では少々しんみりしてしまう場所であるため取り入れにくい場所でもありますが、修学旅行などで沖縄に行く場合には定番のスポットとなっています。こちらは沖縄の南部側にあり、アクセスがしにくい場所となっているため、まさに貸切バスが生きる行き先でもあります。

貸切バスの沖縄旅行で行きたい場所として、最後に紹介するのは美ら海水族館についてです。本島北西部にあるこの水族館は、世界で最大級の大水槽が設置されているとして知られている水族館となっています。こちらも、貸切バスだとアクセスがし易い立地となっています。

最新ニュース