貸切バス利用の前に知っておきたいこと

貸切バスは、自分たちだけで利用することができる便利な移動手段の1つです。ただし、貸切バスを利用する場合には利用する前に基本的なルールについて知っておく必要があります。貸切バスはバスだけを貸し出すシステムではなく、同時にそのバスの運転を行う運転手が付属するシステムとなっています。そのため、この運転手について配慮をしたプランを考えなければならないというのがポイントの1つとなっています。

それでは、実際に貸切バスの運転手に対して配慮するべきポイントとしてはどのようなものがあるのでしょうか。基本的に日中の短中距離の移動に貸切バスを利用する場合については、特別貸切バスの運転手に対する配慮は必要ありません。気をつけなければならないのは、長距離の移動になる場合や、夜間の利用になる場合です。

この場合には運転手1人で対応することができない場合もあるため、2人での交代対応となる場合があります。交代対応となる場合、料金は1人での対応の場合に比べて高額になるためその点については注意しておく必要があるでしょう。

また、場合によっては運転手の宿泊場所や、食事などの場所について配慮をする必要がある場合があります。これらが必要となる場合についてはバス会社側からその旨の連絡が入ることになるため、運行プランを考える場合に併せて考慮するようにすると良いでしょう。もし自分たちで適切な場所を見つけることができない場合については、一度バス会社に連絡を入れると良いでしょう。そちらで対応して貰える場合も多くあります。

その他に知っておきたいこととして、高速道路の利用料金があります。貸切バスで高速道路を通行することは可能ですが、この際の高速料金については別途発生する形となります。事前に支払いを行っておくようにするのが一般的ですが、場合によってはETCカードが利用できる場合があります。

バス付属のカードスロットに自分のカードを入れて通過してもらうという形を取ることができる場合もあるため、利用することができるかどうか、バス会社と確認をとっておくのが良いでしょう。

基本的に貸切バスは自分たちだけで車内を利用することができるため、それほど多くの配慮をする必要はありません。しかし、バスを汚してしまうようなことはないように、節度を守って楽しめむということが重要になります。飲酒や飲食なども可能ではありますが、酩酊して暴れる、というようなことがないように注意しましょう。