特殊な貸切バスの種類

様々な目的で利用することができる移動手段の1つとして貸切バスがあります。小規模な人数での移動で利用することもできれば、大規模な人数での移動にも使用することができるようになっており、個別の事情にあわせて利用するバスを変更することができるというのが貸切バスの強みとなっています。ここでは、利用することができる貸切バスの種類について、特に特殊なものにどのようなものがあるのかを紹介します。

最初に紹介するのは、サロンバスと呼ばれるタイプのバスです。こちらの貸切バスは、後部座席について回転させることができるシステムがついているものとなっています。主に小さなバスにおいて利用されることが多いもので、少人数での移動に利用する場合、向き合って利用することができるため、車内での楽しめを増やすことができるようになっています。

また、テーブルなどがセットできるようになっている場合もあり、食べ物や飲み物も置いて、宴会のような形で移動を楽しめむことができるようになっています。

次に紹介するのは、ハイデッカーバスと呼ばれるタイプのバスです。こちらの貸切バスは、いわゆる中二階型のバスとなっています。通常のバスに比べて座席が高い場所にあるのが特徴で、車窓からの眺めが良いのが魅力となっています。特に景勝地などを通っての旅行をする場合に適している種類のバスとなっているでしょう。どちらかというと車内でゆったり楽しめむタイプのバスとなっています。

3つ目として紹介するのは、トイレ付きバスです。こちらは名前からも分かるように、車内にトイレが設置されているのが特徴です。バス内にトイレがない場合は、途中で停車してトイレの時間を取る必要がありますが、こちらの場合にはその時間をとる必要がなく、移動中にそれらのための停車ポイントを設定する必要がなくなるため行程を短縮できることがあります。長距離移動の旅行の際の利用に適した種類となっています。

最後に紹介するのは、福祉バスについてです。こちらは車いすを乗り込ませることができるタイプとなっているため、高齢者での旅行などに利用し易い貸切バスとなっています。物によっては電動リフトなどによって乗り込みが行えるようになっているため、介助を行う人の負担を減らすこともできるようになっています。

基本的にこれらの特殊なバスは通常のバスに比べると利用金額が高めですが、その分特殊な楽しめ方ができるようになるためメリットもあります。